2005年02月17日

大阪府寝屋川市中央小学校教職員殺傷事件鴨崎満明先生とおいら

自分のときと小学校が違っていたので確認するまではっきりしなかったけど、寝屋川の事件で亡くなった鴨崎満明先生は、おいらの小学校時代の同学年の先生でした。隣のクラスでも「バク転できる!」なんて、めっちゃ人気の人でした。ご冥福をお祈りします。

天職だった…凶刃に倒れた「鴨ちゃん」教え子ら悼む

 天職といえる仕事に巡り合える人が世の中にどれほどいるだろう。大阪府寝屋川市立中央小学校の教職員殺傷事件で犠牲になった教諭、鴨崎満明さん(52)は、間違いなくその一人だった。全力でぶつかり、耳を傾けてくれた「鴨ちゃん」を、何百人もの教え子が惜しみ、悼む。

 鴨崎さんは大阪出身。国士舘大の体育学科を経て1975年、小学校教師になった。2番目の勤務地、寝屋川市立池田第二小学校の教え子だった大阪府大東市の派遣社員、瓦田浩章さん(36)は5年生の時、勉強が嫌で不登校になった。鴨崎さんは毎日家に来た。「学校へ来い」とは言わず、学校やクラスメートの話をして帰っていった。その後ろ姿を見ていると「学校行かなあかんな」と思えた。

 「子供は優しさを求めてるんや。そうやって接したら絶対にわかってくれる」。同僚にそう言っていた。

 中央小に来たのは7年前。高校1年の加藤勉さん(16)は同級生を殴ったりして、先生たちをてこずらせた。5年で担任になった鴨崎さんは「おれの弟子になるか」。「1番弟子にして」と言った加藤さんに、先生は三つの約束をさせた。「女の子には手を上げない」「なるべくけんかはしない」「友達の気持ちを考える」

 寂しそうにしていると、「困った時、苦しい時でも上を向けば明るいものがある。上を向いて生きろ」。いつも見ていてくれた。

 中学では野球に明け暮れ、悪いこともしなくなって友達も増えた。先生は涙を流して喜んだ。

 今は、明徳義塾高野球部で寮生活を送る。事件翌日、新聞に載った先生の顔写真が目に飛び込んできた。「3年間頑張れたら、2人で遊びに行こう」と約束していたのを思い出した。涙が止まらなくなった。

 「鴨ちゃん」「鴨やん」「鴨先(かもせん)」。世代やクラスによって愛称は違うが、4月の始業式で担任が発表される時、「鴨崎先生」と言われたクラスからは歓声がわいた。

 「これからは、だれに相談したら……」。数え切れない教え子が、心のよりどころを奪われた。
(読売新聞) - 2月17日14時14分更新
posted by yasshern at 23:45| 東京 ☁| Comment(34) | TrackBack(2) | 更新履歴と気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
恐ろしい事件である。教師や学校のあり方が問われていることを忘れてはいけない。教師としての自覚のない教師が多い。
Posted by 教員 at 2005年02月25日 20:58
酷い、悲しい、いい先生だ、死刑だ等いろんな意見があります。何処に本当のことがあるのかわかりませんが、先生への恨みがある生徒がいることも事実です。いい先生もいますが酷い先生もいます。殺すのは絶対にいけないが、殴りたい先生もいます。酷い先生は辞めさせてください。
Posted by 生徒 at 2005年02月26日 11:47
酷い、悲しい、いい先生だ、死刑だ等いろんな意見があります。何処に本当のことがあるのかわかりませんが、先生への恨みがある生徒がいることも事実です。いい先生もいますが酷い先生もいます。殺すのは絶対にいけないが、殴りたい先生もいます。酷い先生は辞めさせてください。
Posted by 生徒 at 2005年02月26日 11:49
酒は飲む、女たらし、脅かす、生徒も教師もおそれているだけの教師にがいる。それでも学校はおも石のためにそんな教師の無茶を野放しにしている。そのために学校がおもしろくなく、やめていく生徒がいてもみんな知らん顔だ。そんな教師を野放しにしている大人達は卑怯である。
Posted by 教員 at 2005年02月27日 13:32
酒は飲む、女たらし、脅かす、生徒も教師もおそれているだけの教師にがいる。それでも学校はおも石のためにそんな教師の無茶を野放しにしている。そのために学校がおもしろくなく、やめていく生徒がいてもみんな知らん顔だ。そんな教師を野放しにしている大人達は卑怯である。
Posted by 教員 at 2005年02月27日 13:33
寝屋川の事件は、教育の本質が問われている。上辺だけの報道になっているのが気になる。生徒達の本音についても取り上げて欲しい。
Posted by 教員 at 2005年03月01日 17:05
子ども達の多くは、17才の少年を批判している。しかし、教師に対して反省を求める声があるのに驚かされた。校内で何が行われているのか、気ずいている子ども達もいるのである。起きるべくして起きた事件であると冷静に判断する子ども達がいる事を教師は知るべきである。逆恨みもあるが、教師達の気分的な、間違った指導に対して反抗している事を忘れてはいけない。生徒に迎合する教師も良くないが、無謀な押しつけも良くない。何でも有りの学校の中でこれからが心配である。
Posted by 教員 at 2005年03月03日 18:24
子ども達の多くは、17才の少年を批判している。しかし、教師に対して反省を求める声があるのに驚かされた。校内で何が行われているのか、気ずいている子ども達もいるのである。起きるべくして起きた事件であると冷静に判断する子ども達がいる事を教師は知るべきである。逆恨みもあるが、教師達の気分的な、間違った指導に対して反抗している事を忘れてはいけない。生徒に迎合する教師も良くないが、無謀な押しつけも良くない。何でも有りの学校の中でこれからが心配である。
Posted by 教員 at 2005年03月03日 18:25
多くの教師はやる気をなくしている。そんな中でこんな事件が起きている。学校を立て直すために何をするべきかが問われている。恨む生徒が悪いのか、恨まれる教師が悪いのか、真剣に考えることが大切である。真面目な教師が殺されて、酷いのがのさばっているのが問題である。学校で何が起きているのか生徒達の本音を聞くことが大切である。学校や、教師達に問題がないのかが今とわれなければならない。 
Posted by 母親 at 2005年03月04日 19:45
問題に向かい合うのは先生も生徒も親も同じだ。だが、より先生と親に責任があるはずだ。大人なのだから当然だ。ここが変わらなければならない。学ぶ事を省みる事をしなければならない。子供は大人の背中を見ている。
Posted by 職人 at 2005年03月04日 19:53
誰でも不審者扱いしてアメリカの学校みたいにバリケードで囲んで出入口に金属探知機を設置すりゃこんな事件減るだろが。問題なのはこの衝動事件を容認する自我を形成した家族だろ。どんな仕付けしてんだ。どうしても学校にどうにかしてもらいたきゃ、親兄弟身内にマスコミが迫る映像を見せてやればいい。どんだけ馬鹿なことになるかよくわかるだろうよ。こんなこと自動車学校の教習所でも暴走運転させまいとやってるぞ。
Posted by 夕張チキン at 2005年03月05日 22:38
Posted by at 2005年03月06日 09:47
Posted by at 2005年03月06日 10:01
Posted by at 2005年03月08日 21:03
学校で何が起こっているのか世間はよく見るべきだ。ごまかしはやめて本当の教育改革がやられないと日本は滅んでしまう。
Posted by 生徒 at 2005年03月24日 18:14
学校の中がおかしな方向に進んでいる。管理強化、制限、締め付けなど、教師の自由が奪われている。学校の塀を高くする、ガードマンを置くなどよりももっと大切なことがあるのに議論されない。子ども達がどんな思いでいるのかを真剣に願がえるべきである。
Posted by 教師 at 2005年03月26日 22:46
Posted by at 2005年03月27日 09:23
Posted by at 2005年03月27日 20:54
ごまかしだらけの学校の中で世間が何を考えているのかインターネットで検索すればよくわかる。赤坂台小学校、平和教育、で見てください。
Posted by 公務員 at 2005年03月29日 20:15
いい加減な教育が子ども達を混乱させている。押しつけや、弾圧、締め付けなど学校現場は最悪です。多くの学校がそんな状況であるが堺市は特にでたらめである。赤坂台小学校、平和教育、で検索すれば現況がよくわかります。週刊誌で見ましたがが信じられませんでした。
Posted by at 2005年03月29日 21:17
Posted by at 2005年03月29日 21:21
検索して見ろとか言うけどさぁ。「だから?」って、感じ。ネットでぐだぐだいってないで直接問い合わせて聞いて見ろよ
Posted by at 2005年04月08日 19:36
学校の何処がおかしいのか、原点に返って見直しを始めるべきである。学校にだけ押しつけるのでなく、家庭でも親としての責任を果たすべきである。これから始まる新学期、気を引き締めて頑張りたいものです。
Posted by kyi at 2005年04月10日 06:12
学校の何処がおかしいのか、原点に返って見直しを始めるべきである。学校にだけ押しつけるのでなく、家庭でも親としての責任を果たすべきである。これから始まる新学期、気を引き締めて頑張りたいものです。
Posted by kyi at 2005年04月10日 06:12
先生の入院、自殺事件、鬱病など今の学校の現状を見てください。みんな知らん顔で、無言で、毎日授業をするだけ。上辺だけ、誤魔化しだらけの学校教育で何にも生まれない。
Posted by 教員 at 2005年05月01日 12:54
先生の入院、自殺事件、鬱病など今の学校の現状を見てください。みんな知らん顔で、無言で、毎日授業をするだけ。上辺だけ、誤魔化しだらけの学校教育で何にも生まれない。
Posted by 教員 at 2005年05月01日 12:54
本当に嫌な事件だった。。私は当時、その小学校6年生でした。私たちはチャレンジクラブで近くの大学に行っていました。しかし、校内の中には大学に行かないで学校でクラブをする高学年もいました。
最初に先生から事件のことを聞いた時はそんなに大げさだとは思わずに、空を飛ぶ無数のヘリに騒いでいた。そして約20分ほど待たされ、やっと学校に行ける様になった。先生はみんな慌てて真っ青な顔をしながらも私たちを必死で庇っていた。南門から帰ってきた私たちを待っていたのは保護者や、沢山のテレビ局。保護者さえ学校に入られない。泣いてる保護者をみながらも私たちはテレビ局に夢中でした。空には10ヘリぐらい空から学校を映していました。
そして1時間くらい運動場で勝手なうわさがいくつも流れていた。
帰る時もみんなお喋り。門の所では写真がパシャパシャと取られて目も開けられないくらい眩しかった。
家につくとさっきまでいたテレビ局の放送がしてあった。チャンネルを変えるごとにその放送が流れて死んだ先生のことを聞いて涙が止まらなくなった。
Posted by at 2005年05月22日 12:19
2005年9月より大阪府寝屋川市中央小学校で、Art Project "Dreams & Hopes" ウォールアートが展示されます。 校舎内のウォールがニューヨークに変わります。
200人以上のニューヨークの子供達が、リサイクルされた紙の裏に夢と希望をテーマに絵や詩が描かれています。

<アートプロジェクトの要素>
−リサイクルの紙の裏に描かれた子供達の絵や詩 
−自然と町(写真) 
−花と町 (写真) 

手から想像し、考える写真
−芸術家の手
−犬の手

手の温もりの写真
−母の手

これらの要素で温かい心を感じ、何かを考える空間を校舎内で感じてください。

学校の校舎内の壁から伝わるニューヨークの子供達の心は、まさに純粋芸術。

ニューヨークから送る夢と希望の光よ!! 寝屋川市中央小学校より日本の社会にとどろき叫べ!!
Posted by あーと at 2005年09月04日 14:12
同じくの想いです。。。
担任にくくなったことはなかったですが、
鴨崎先生は部活での担当でした。

S先生を殺したかったんでしょうけれども
余りにも不憫すぎる……
Posted by めふぃ at 2012年10月22日 04:58
Posted by 春奈 at 2014年04月13日 00:03
鴨崎多恵子先生の(鴨崎満明先生)旦那そうです。私も鴨崎多恵子先生の生徒でした。なんで言うたらいいのか、わかりませんが。頑張るしかないと、思います。
Posted by 春奈 at 2014年04月13日 00:06
わたしは、鴨崎多恵子先生の生徒でした。鴨崎多恵子先生の(鴨崎満明先生)旦那そうです。
Posted by at 2014年04月13日 00:09
余りにも、事件とか、事故も、辞めて欲しいと思います。けしてあてならない事だっと思います。鴨崎多恵子先生の元生徒なので、
気持ち良く、
わかります。私も中学時代、高校時代にも、いじめが、ありました。でも、わたしは、事件起こした事一度も、ありません。事件起こす興味ありません。事件起こすのも、辞めましょう。
Posted by 春奈 at 2014年04月13日 00:18
鴨崎先生の旦那さんが、未希のクラスに来ていただいたみたいて、ありがとうございます。鴨崎先生は、いつも、旦那さんの事話しばっかりしていました。楽しいそうにしていました。鴨崎先生は、どうやて守ってあげたらいいのか、悩みます。鴨崎先生の事や旦那さんの事みじみさせるやつ、犯人許さない。
Posted by 中井春奈 at 2014年07月13日 03:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1994174

この記事へのトラックバック

【思う】おとなしい子って?/寝屋川市の小学校に刃物男 教師3人けが
Excerpt: 詳しいことは、専門のニュースに譲るとして 事件があった時に、どんな子だったか聞いている。 普通の子でした。 ふつう?普通って何やねん! おとなしい子でした。 だから、何やねん..
Weblog: ★ちゅっ!どーん!ブログ★
Tracked: 2005-02-18 07:31

大阪・寝屋川教師殺傷事件
Excerpt: この事件、外出先で携帯に送られてくる時事通信ニュースで知ったが、またかという思いだった。しかし、今回の事件は戦後教育の結果であることだけは間違いないように思う。 *** <大阪教職員殺傷>少年、家..
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2005-02-19 12:08
click!
マネー

HOMEランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。